Omron logo

Supply Chain Management サプライチェーンマネジメント

基本方針・体制

サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進の基本方針をご紹介します。

基本方針

基本方針

サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進

オムロングループは企業理念に基づき、事業を通じて社会的課題を解決していくと共に、ESG(環境・社会・ガバナンス)の取り組みを通じて、持続可能な社会の発展に貢献していきます。 調達活動においては、社会から高まる要望を受け、より大きな社会的責任を果たすべく、サプライチェーンの取り組みを強化しています。

購買方針はこちらをご確認ください

基本方針

オムロングループでは、サステナブルな調達を実現するため、「全仕入先様との取り組み」、「重要仕入先様との取り組み」の2階層で活動を進めています。

全仕入先様との取り組みでは、安定調達を実現するため、「環境管理」「化学物質管理」「品質管理」「契約管理」「財務管理」の5項目についてミニマム要件を定義し、その全てをクリアすることを目標に改善活動を進めています。
重要仕入先様との取り組みでは、双方のトップレベルでRBA準拠の方針を確認したうえで、RBAより求められる要件を達成することを共通目標と位置づけ、継続的にレベルアップを図っています。

そして中長期的に重要仕入先様との取引関係を強化し、購入比率を高めることで効果的にサプライチェーンのサステナビリティレベルの強化を実現していきます。

達成目標
全仕入先様との取り組み

以下5項目にミニマム要件を定め、全てをクリアすべく共に改善を進めています。

  • ①環境管理 … ISO14001第三者認証取得または、同等の管理体制が構築されていること
  • ②化学物質管理 … 製品含有化学物質管理に関する書類の審査または、現地監査評価の結果、基準を満たす管理体制が構築されていると確認できること
  • ③品質管理 … ISO9001第三者認証取得または、同等の管理体制が構築されていること
  • ④契約管理 … サステナブル調達ガイドライン遵守を含む購買基本契約が締結されていること
  • ⑤財務管理 … 財務評価および信用調査分析評価の結果、倒産リスクがないと判断できること
重要仕入先様との取り組み

上記ミニマム要件のクリアに加えて、RBAより求められる要件を達成することを共通目標とし、毎年継続して改善を進めることで、着実にレベルアップを図っています。

【2025年度までの目標】
  • 市販品仕入先: RBA Corporate Level SAQ評価でLOWリスクレベルを達成・維持
  • 加工品仕入先: RBA準拠のセルフチェックアンケートによる評価でLOWリスクレベルを達成・維持

主要KPIの進捗状況

主要KPIの進捗状況は以下のように推移しています。

  KPI 目標 実績
2020年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
全仕入先 ミニマム認定要件をクリアした仕入先様からの購入比率 ※1 95%以上 52% 74% 86% 90%
重要仕入先 市販品:RBA Corporate Level SAQ実施率 ※1 100% 90% 100% 100% 100%
市販品:RBA Corporate Level SAQ評価でのLOWリスクレベル達成率 ※2 100% 42% 49% 76% 100%
加工品:RBA準拠のセルフチェック実施率 ※2 100% 43% 71% 69% 100%
加工品:RBA準拠のセルフチェックによる評価でのLOWリスクレベル達成率 ※2 100% 26% 66% 58% 55%

【参考】
重要仕入先様からの購入金額比率は2017年度が40%、2018年度が42%、2019年度が43%、2020年度が50%です。

  • ※1 購入額ベース
  • ※2 社数ベース

重要仕入先の特定

オムロングループは、以下の考え方に基づき重要仕入先様を特定しています。

サステナブル調達ガイドライン

推進体制

オムロングループでは、本社購買部門と海外本社、事業部門、生産拠点間でネットワークを構築し、定期的に開催する購買責任者会議等でグループの購買方針や施策を共有・展開しています。サステナブル調達をはじめとする購買活動の取り組みをグローバルに展開し、グループ全体で推進しています。

サステナブル調達に関する規範

サプライチェーンにおけるサステナビリティを確実に実行するために、社内向け・仕入先様向け、各々に具体的に実施すべき規範を定め、実行しています。

CSR調達に関する規範イメージ

サステナブル調達ガイドライン

仕入先様に実施・遵守いただく具体的な行動を規定したガイドラインを作成し、ガイドラインの遵守条項を盛り込んだ購買取引基本契約を締結いただいております。サステナブル調達ガイドラインで定めているサプライヤ行動規範の内容はRBA基準に準拠しており、ガイドライン違反があった場合の対応方針・手順も定めて運用をしています。2019年11月には、社会動向の変化や最新のRBA行動規範の内容に合わせて改訂を行いました。

サステナブル調達ガイドライン

サプライヤ行動規範

  • 労働
    1)雇用の自由選択 2)若年労働者 3)労働時間 4)賃金および福利厚生 5)人道的待遇 6)差別の排除 7)結社の自由
  • 安全衛生
    1)職務上の安全 2)緊急時への備え 3)労働災害および疾病 4)産業衛生 5)身体に負荷のかかる作業 6)機械の安全対策 7)衛生設備、食事、および住居 8)安全衛生のコミュニケーション
  • 環境保全
    1)環境許可と報告 2)汚染防止と資源削減 3)有害物質 4)固形廃棄物 5)大気への排出 6)材料の制限 7)水の管理 8)エネルギー消費および温室効果ガスの排出
  • 倫理
    1)ビジネスインテグリティ 2)不適切な利益の排除 3)情報の開示 4)知的財産権 5) 公平なビジネス、広告、および競争 6)身元の保護と報復の排除 7)責任ある鉱物調達 8)プライバシー
  • マネジメントシステム
    1)企業のコミットメント 2)経営者の説明責任と責任 3)法的要件および顧客要求事項  4)リスク評価とリスク管理 5)改善目標 6)トレーニング 7)コミュニケーション 8)労働者のフィードバック、参加、苦情 9)監査と評価 10)是正措置プロセス 11)文書化と記録 12)サプライヤの責任
  • その他
    1)製品安全性の確保 2)事業継続計画の策定 3)顧客・第三者の機密情報の漏洩防止 4)コンピュータ・ネットワーク脅威に対する防御 5)適切な輸出管理 6)反社会的勢力との不適切な利益供与の禁止 7)従業員の健康管理

詳細はこちらをご確認ください。

サプライチェーンの概要

オムロングループはグローバルに調達活動を行っており、各エリアの仕入先様と共にサプライチェーン上のサステナビリティのレベルアップに取り組んでいます。

サプライチェーンの概要

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

オムロン株式会社 サステナビリティ推進室, オムロン株式会社 グローバルビジネスプロセス&IT革新本部 IT革新センタ SCMアプリケーション部, オムロン株式会社 グローバルインベスター&ブランドコミュニケーション本部 デジタルコミュニケーション部, オムロン株式会社 グローバルリスクマネジメント・法務本部 リスクマネジメント部, オムロン株式会社 グローバルものづくり革新本部 環境革新センタ, オムロン株式会社 グローバルものづくり革新本部 品質革新センタ, オムロン株式会社 グローバルものづくり革新本部 購買プロセス革新センタ, オムロン株式会社 グローバルものづくり革新本部 購買プロセス革新センタ 購買戦略部, オムロン株式会社 グローバルものづくり革新本部 購買プロセス革新センタ企画グループ, オムロン株式会社 グローバル人財総務本部 企画室, オムロン株式会社 グローバル人財総務本部 企画室 内部統制課, オムロン株式会社 グローバル人財総務本部 内部統制課, オムロン エキスパートリンク株式会社 総務センタ リスクマネジメント部 , オムロン株式会社 グローバル理財本部 経理部, オムロン株式会社 グローバル理財本部 財務部, オムロン株式会社 取締役室, オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 人財戦略室, オムロン株式会社 エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー 経営戦略部, オムロン エキスパートリンク株式会社 総務センタ 近畿エリア統括部, オムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社 リスクマネジメント・法務室, オムロンソーシアルソリューションズ株式会社 CSR部, オムロンソーシアルソリューションズ株式会社 品質環境センタ, (GMI)品企画, (GMI)購戦間接